総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム

総量規制では何に注意するべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

たくさん借りたい場合の盲点

皆さんはカードローンを利用したことがありますか?お金を借り入れ、返済するのがカードローンですが、返せるからといって決していくらでも借りられるわけではありません。

 

今回は消費者金融から融資を受ける場合に問題になってくる総量規制というものについてご説明します。総量規制とは簡単に言うと原則収入の3分の1以上の借り入れは出来ないというものになります。

 

ということはいくらでも借りられるわけではないということですね。

 

総量規制にも種類があり、個人での借り入れの場合や、法人、または個人が事業目的に利用する場合など様々ですが、通常は個人での借り入れになるかと思います。

 

このような場合にはやはり総量規制の対象になりますので借り入れにも限度が生じてしまいますね。

総量規制で大切な3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

借入が年収の3分の1以上を超えない総量規制

キャッシングは個人が借入出来ると大多数の人が利用しています。しかし、そのキャッシングは、底なし沼のように、いくらでも借りて良いという訳ではありません。

 

それは、信販会社や、クレジット会社や、消費者金融業のキャッシングでは、借入が年収の3分の1以上を超えない総量規制と言うものがありますから、その金額までしか借入する事ができません。

 

総量規制対象外なのは唯一、銀行系カードローンのみです。だから総量規制に掛かる企業は、必ず年収の3分の1を超えない貸付しかして貰えません。

 

この総量規制の対象となる金融業に置いて、こっちに10万、あっちに5万、そっちに20万と、バラバラに少額づつ借り入れしていたとしても、その借入金額の残額の総合計が年収の3分の1を超えた金額になるのなら、新たな借入は出来ないことになります。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ