総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム

総量規制対象外の返済方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローン、キャッシングの返済方法

まずキャッシングの返済方法ですが、利息と借り入れ金額を一括で口座から引き落とす翌月一括払いか、月々定額口座から引き落とされるリボルビング払いの二つになります。

 

一方、カードローンの返済方法は4通りあります。まず“リボルビング払い”毎月借り入れ残高によって段階的に決められた金額を毎月返済する方法です。残高によって支払利息も減っていきます。

 

二つ目は“分割払い”初めに借りた金額の利息分を回数で割った形になります。本来なら減っていく元金に対しても利息がつく形になるため総支払金額が多くなってしまいます。

 

三つ目は“元利均等払い”です。これは利息と元金を足した金額を毎月決まった額づつ返済していく形になります。そして最後が“元金均等払い”です。支払元金が返済期間中一定にしておく支払方法です。毎月の返済額が返済が進むほどに減少していく方式になります。

 

いずれにせよ、カード会社と決めた日に決めた額を支払うのですが、どうしても返済できない時どうなるのか。期日に間に合わなかった場合、損害賠償金を支払う義務があります。これは遅れた日数分増えていきますので一日でも早く払ったほうがいいです。あと、カード会社に速やかに事情を説明しておきましょう。

どうしてもカードローンが返済できない時

カードローンは企業へお金を借りる事です。友人や親族へお金を借りたなら、今月返済を待って欲しいっと頼み込んだら、許して貰える事もあると思いますが、企業へお金を借りたのなら、まって欲しいと頼み込んでも許して貰える事はありません。

 

しかし、企業へ借入しても、このような事情があって説明をする連絡を入れれば、しょうがないなっと、日にちを待って貰う事は可能です。

 

でも、連絡を入れたからって、その事が終わる訳ではありません。連絡を入れた時に、何日に返済しますっと、返済日の日程を報告しないといけないのです。

 

例えば、このような事情で返済日に間に合わないけれど、後、3日後に返済できますので。っと言うと理想的でしょう。

 

そしてその約束した日にちに返済すると、事は済みますが、連絡を入れて何日に返済しますっと言って置いて、そのまま返済出来ずに居ると、カードローンの企業から電話連絡等が入ります。

 

電話連絡が入って返答して何時までに返済しますっと言えば、これも事が収まりますが、それがまた返済出来ないっとなると、電話で連絡する気になれないでしょう。

 

何とか約束の返済日に何度遅れても、電話連絡さえ入れて置けば、延滞料金は掛かりますが、まってくれると思います。

 

しかし、連絡もせずに、カードローン企業から電話が入っても応答しないのなら、電話以外にも、家に訪問したりして取立て作業が始まるでしょう。だから常に返済出来る予定日を逐一連絡事が必要となるでしょう。

カードローンの返済額を少なくする方法

カードローンは住宅ローンなどの高額なローンよりも審査基準が比較的緩く、審査結果も短時間で出るため、急にお金が必要になった時に重宝する借り入れ方法です。しかし、重宝するものとはいえ、借りたのなら返さなければいけません。金融機関や消費者金融は慈善事業ではなくある程度の儲けを得るための事業としてカードローンサービスを行っているので、返す時は当然ですが利息を付すことも必要になります。ですが、できれば返す金額は少ないに越したことはないと思います。

 

カードローンの返済額を総合的に少なくしたい場合は繰り上げ返済を効果的に利用することが重要です。繰り上げ返済とは、月々の返済額にこだわらず、お金がある時にどんどん返済してしまう方法です。ほとんどの金融機関や消費者金融では繰り上げ返済が可能ですので、月々の返済が一万円の場合は二万円返済するつもりで返済計画を立てましょう。返済期間が短い方が確実に利息分はお得になります。

 

ただし、気をつけなければならないことがあります。返済方法によっては繰り上げ返済を認めていない場合があるのです。例えばカードローンでお金を借りて月々一万円ずつの返済を口座引き落としの形でお願いしたとします。実はこの「口座引き落とし」がポイントなのです。会社によっては口座引き落としでの返済を契約した場合は繰り上げ返済を認めていない場合があります。事前に確認するか、ATMから返済する方法を選ぶことが重要です。

すぐに分かる総量規制対象外のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

総量規制と総量規制の対象

そもそも総量規制とは金融業界において新しく作られた法律で、金融機関からの借り入れが年収の3分の1までしかできないという規則のことをいいます。

 

一旦お金を借りたら、債権者への返済が義務付けられています。返済が滞ると利息を支払ったり、何社もの金融機関から借り入れを行って多重債務者になる場合が出てしまいます。このような多重債務者を出さないよう、自分の身の丈にあった借り入れを行うために総量規制が生まれました。

 

ただしこの総量規制の対象金融機関はクレジット会社、消費者金融、信販会社、事業者金融会社などです。住宅を購入するときなどの住宅ローンや自動車ローン、また医療にかかった代金をローンで支払うなどはこの総量規制の対象にはならないようになっています。

総量規制では何に注意するべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

たくさん借りたい場合の盲点

皆さんはカードローンを利用したことがありますか?お金を借り入れ、返済するのがカードローンですが、返せるからといって決していくらでも借りられるわけではありません。

 

今回は消費者金融から融資を受ける場合に問題になってくる総量規制というものについてご説明します。総量規制とは簡単に言うと原則収入の3分の1以上の借り入れは出来ないというものになります。

 

ということはいくらでも借りられるわけではないということですね。

 

総量規制にも種類があり、個人での借り入れの場合や、法人、または個人が事業目的に利用する場合など様々ですが、通常は個人での借り入れになるかと思います。

 

このような場合にはやはり総量規制の対象になりますので借り入れにも限度が生じてしまいますね。

総量規制で大切な3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

借入が年収の3分の1以上を超えない総量規制

キャッシングは個人が借入出来ると大多数の人が利用しています。しかし、そのキャッシングは、底なし沼のように、いくらでも借りて良いという訳ではありません。

 

それは、信販会社や、クレジット会社や、消費者金融業のキャッシングでは、借入が年収の3分の1以上を超えない総量規制と言うものがありますから、その金額までしか借入する事ができません。

 

総量規制対象外なのは唯一、銀行系カードローンのみです。だから総量規制に掛かる企業は、必ず年収の3分の1を超えない貸付しかして貰えません。

 

この総量規制の対象となる金融業に置いて、こっちに10万、あっちに5万、そっちに20万と、バラバラに少額づつ借り入れしていたとしても、その借入金額の残額の総合計が年収の3分の1を超えた金額になるのなら、新たな借入は出来ないことになります。

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ