総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム » 総量規制について » 総量規制では何に注意するべきなのか?

総量規制では何に注意するべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

たくさん借りたい場合の盲点

皆さんはカードローンを利用したことがありますか?お金を借り入れ、返済するのがカードローンですが、返せるからといって決していくらでも借りられるわけではありません。

 

今回は消費者金融から融資を受ける場合に問題になってくる総量規制というものについてご説明します。総量規制とは簡単に言うと原則収入の3分の1以上の借り入れは出来ないというものになります。

 

ということはいくらでも借りられるわけではないということですね。

 

総量規制にも種類があり、個人での借り入れの場合や、法人、または個人が事業目的に利用する場合など様々ですが、通常は個人での借り入れになるかと思います。

 

このような場合にはやはり総量規制の対象になりますので借り入れにも限度が生じてしまいますね。

消費者金融での借り入れの場合、総量規制の対象になるため年収の3分の1以上の借り入れは出来ないようになっています。例えばカードローンにも、銀行での借り入れと消費者金融での借り入れがありますが、銀行での借り入れの場合は総量規制の対象外になります。

 

なのでたくさん借り入れなければいけないといったような場合には消費者金融よりも銀行のほうがいいということになります。

 

銀行、消費者金融どちらもメリットデメリットがあるので
なにを優先すべきかじっくり考えたうえで借り入れを行っていきましょう。

総量規制とは何か?また、対象外は何?

総量規制とは、お金を貸付業者から借りる際にかかる総額の規制のことです。

 

そもそもは、多重債務者や自己破産を最小限に抑えることが目的で施行されたものですが、もしある貸付業者が「最大500万貸付可」とあっても、借りれる金額は年収の三分の一までとなっています。

 

もしあなたが他の金融機関でお金を借りていた場合でも個人で借りられる金額は総額が年収の三分の一までしか無理です。例えば、年収が300万の人は1社であっても数社であっても総額100万までしか借りることができないということです。貸す側も信用をもって返金能力のある方に貸します。そのための審査をしていますが、それでも返金が厳しいのであれば、貸す際の金額を制限するというわけです。

 

しかし、不動産から購入した家のローンや車のローン、保険は総量規制の対象外となります。

 

総量規制は貸付業者全般にかかる規制ですが、、銀行からお金を借りる場合はこの総量規制対象外となります。会社を起業する際に借り受けが必要となりますが、そのときに年収の三分の一では足りない場合もあります。銀行から借りると利息も少ないので、とても助かります。しかし、貸付業者より審査は通りにくいと言われています。

総量規制とは何かについて

賃金法という法律によって、年収の3分の1以上の金額はお金を借りることができないと決められています。これを総量規制と言います。総量規制という法律が働いている消費者金融では、収入がない専業主婦の人はお金を借りることができません。

 

逆に言えば、少しでも収入があれば年収の3分の1まではお金を借りることができると言えます。総量規制の範囲内であれば、複数の会社からお金を借りることができますが、この金額は複数の会社からお金を借りる場合、その合計金額となるので1社から年収の3分の1めいいっぱいお金を借りて、また別の会社からお金を借りるということはできません。

 

総量規制という法律が定められていることによって、収入がない専業主婦の人は全くお金を借りることができないかというと、そうではありません。総量規制対象外となるのが、銀行でお金を借りるという場合です。銀行であれば、専業主婦の人であってもお金を借りることができます。

 

借りる銀行や消費者金融によって、借入することができる限度額であったり、金利にも差があるので、お金を借りる前に自分の普段の生活を振り返って、返済していくことができるかどうかを事前に見極めておく必要があります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ