総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム » 総量規制について » 総量規制で大切な3つのポイント

総量規制で大切な3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

借入が年収の3分の1以上を超えない総量規制

キャッシングは個人が借入出来ると大多数の人が利用しています。しかし、そのキャッシングは、底なし沼のように、いくらでも借りて良いという訳ではありません。

 

それは、信販会社や、クレジット会社や、消費者金融業のキャッシングでは、借入が年収の3分の1以上を超えない総量規制と言うものがありますから、その金額までしか借入する事ができません。

 

総量規制対象外なのは唯一、銀行系カードローンのみです。だから総量規制に掛かる企業は、必ず年収の3分の1を超えない貸付しかして貰えません。

 

この総量規制の対象となる金融業に置いて、こっちに10万、あっちに5万、そっちに20万と、バラバラに少額づつ借り入れしていたとしても、その借入金額の残額の総合計が年収の3分の1を超えた金額になるのなら、新たな借入は出来ないことになります。

もしも、総量規制を守らないのであれば、借りる側の個人への罰則は何もありませんが、総量規制に掛かる金融業に対して行政処分がなされます。これは、借りる人も、お金を借りても収入に合った返済で、支障なく返済が行えるように多くを借りなくしたものであります。

 

誰でも多くを借入した方が手元にお金があった方が安心できますが、分不相応な借入で返済が出来ないようでは、身を滅ぼします。欲張らず、高望みせず、能力以上を求めず、自分に合った借入額が、年収の3分の1までとなるのでしょう。

総量規制のデメリットについて

消費者金融などでキャッシングしたことある方は一度は、総量規制というのを聞いたことがあると思います。総量規制とは、年収の3分の1以上は借りられないという制度です。仮に年収が100万だとしたら30万まで借りられるということになります。

 

3分の1ぐらいしか借りられないから破綻したり闇金から借りる人も減ると予想されてたようですが、実際にはそうでもないです。既に借り入れがある人は増額などが出来ずにその結果、闇金に手を出してしまう方が増えています。

 

ただ3分の1以上借り入れがあっても借りる事が出来る可能性はあります。それは総量規制外の銀行などで借りることです。銀行からの融資は総量規制の対象ではないのですでに年収の3分1以上借り入れがあっても借りられます。ですが銀行の審査はかなり厳しので審査に落ちて借りられない方も沢山います。

 

もしこれから借り入れを検討してる方は総量規制の事を理解して計画をたてて申し込む事をお勧めします。そして今現在、困っている方は絶対に闇金には手を出さずに弁護士などに相談して少しでも楽になるようにするのがいいと思います。総量規制をちゃんと理解してうまく使えば私たちが生活する中でとてもいい規制になります。

カードローンと総量規制について

総量規制は、他社を含めた個人の借入総額が、年収の三分の一を超えないようにするという法律です。借り入れの総額に、制限があるということです。消費者を守るために作られました。もし超える貸し付けを行った場合は、貸金業者が違反したことにより行政処分の対象になります。

 

総量規制の対象に入るものと、入らないものがあります。総量規制は、貸金業者からの個人の借り入れに対して適用されます。銀行からの借り入れは入りません。個人が事業用の資金としてお金を借り入れたものは入りません。

 

また、住宅ローンのように不動産購入や不動産改良のための貸付けや自動車購入時の自動車担保貸付け、高額医療費の貸付けも入りません。

 

消費者金融は、貸金業者なので総量規制の対象となります。クレジットカードを使用した借り入れも対象となります。クレジットカードを使用したショッピングは入りません。キャッシングが対象となります。年収の三分の一を超えた借り入れがある場合は、クレジットカードでのキャッシングはできませんが、ショッピングは可能です。ショッピングは、貸金業法は適用されないからです。

 

総量規制対象外のカードローンは、銀行のカードローンになります。銀行からの借り入れは、総量規制の対象ではないからです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ