総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム » 三井住友銀行カードローン » 三井住友銀行カードローンの審査のポイント

三井住友銀行カードローンの審査のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

学生や主婦にでも借り入れが可能な三井住友銀行カードローン。

一寸先が闇のなかでも、ものすごく大きな可能性の光が見えてくるように思うのです。何の話かといえば、困ったときに助けてくれるカードローンのことなのですね。最近では年齢や性別にかぎらず、あらゆる方からの利用が目立っていっるようです。

 

ただ、多くのカードローンというものには審査があり、この審査では安定した収入を得ていることが条件となっている場合が多いのですね。そういうことであれば、収入を得ていない学生や主婦の方は借り入れができないということになってしまいますね。

 

そこで注目されるのが、学生や主婦にでも借り入れが可能な三井住友銀行カードローンというものなのです。これは少しでもアルバイトやパート、そして内職などをして、わずかでも収入があれば借り入れができるということなのですね。

 

三井住友銀行カードローンを利用するメリットというものは、この学生や主婦にでも借り入れができるということの他にも、たとえば借り入れる金額にも大いに関係してきますが、少ない金額ならば、月々の返済額が一万円以下に抑えることも充分に可能なのです。これなら無理しないでもいいですね。

 

三井住友銀行カードローンは、高い利便性と安心感を備えた理想的なカードローンだと言っても、それはけっして言い過ぎではないでしょう。そういう便利なカードローンを賢く使い、生活をより豊かなものにしたいですね。

高限度額が特徴になっています

三井住友銀行カードローンは高限度額を売りにしています。審査時間は最短30分。自動契約機もあり、即日融資にも対応しています。大手消費者金融には劣りますが、銀行カードローンの中ではスピード・利便性に優れているといえるでしょう。

 

安定した収入のある方なら誰でも申込むことができます。パート・アルバイトでもOKです。

 

ただし、自身に収入のない方の申込みは受け付けていません。

 

三井住友銀行カードローンのメリットですが、低金利で金利は4.0~14.5%です。

 

低めですが、業界最低水準の住信SBIネット銀行ネットローン (プレミアムコース)(2.49~7.99%)にはおよびません。

 

しかし、消費者金融の多くが最高金利18%であることを踏まえると、十分低金利だといえるでしょう。

 

正確な金利は必ずこちらをクリックしてご確認ください。

 

現在、即日融資に対応している大手銀行カードローンは、

 

新生銀行カードローン レイク

三菱東京UFJ銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

 

以上の3つです。

 

電話で申込み、ローン契約機でカードを受け取ればすぐ借入れできます(申込みからカード受取まで、全てローン契約機で済ませることもできます)。

三井住友銀行カードローンメリットデメリット

メガバンクの三井住友銀行はカードローンの借り入れが出来る、三井住友銀行カードローンを取り扱っています。

 

銀行系カードローンは、低い金利で、大口融資も可能なのですが、即日融資が出来る金融業が割合に少ないと言います。

 

三井住友銀行カードローンでは、即日融資が可能であるので、急いでいる人には最適なカードローンであると思います。

 

金利は4.0~14.5%で最高800万円まで融資が可能な、三井住友銀行カードローンはは、申し込みも非常に便利です。

 

インターネット申込はもちろんの事、すぐのカードも発行してくれる、ローン契約機が、三井住友銀行のATMに設置されています。

 

だから、都合の良い時に借入しやすいカードローンだと言えるでしょう。ローン契約機でカードを発行したら、すぐ横にあるATMでカードを使って融資を行う事ができますので、移動せずに、とてもスピーディです。
そして返済方法では、カードを利用し提携ATMで返済、振込以外にも、三井住友銀行の口座があれば、自動引き落としで返済をしてくれるのがメリットであると思います。

 

このように、さまざまなメリットの多い三井住友銀行カードローンですが、他社と比べてデメリットもあります。

 

それは契約後に融資額を口座に振込してもらえるサービスがない事です。融資は、カードを利用するか、又は、三井住友銀行のインターネットバンキングなら、利用できます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ