総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム » 主な返済方法など » もしも返済が難しいと感じた場合は?

もしも返済が難しいと感じた場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンとキャッシングの違いとは

カードローンやキャッシングは、カードを作っておくことによって、お金が必要となったときにはすぐにATMを利用してお金をかりることができるため、面倒な手間もかからず非常に便利なカードです。カードローンやキャッシングを利用するためには、それぞれの違いを理解しながら利用することが必要です。

 

カードローンやキャッシングの違いというものは主に返済方法が違ってくるもので、キャッシングの場合には、借りたお金は翌月に一括で支払うという方法になっています。

 

カードローンの場合には、借りたお金は一括ではなく、分割で支払うことができるので、数ヶ月返済をしなければなりません。

キャッシングは、一括での返済をしなければならないため、高額なお金を借りてしまえば返済することが厳しくなってしまうことがありますが、一括での返済では利息を安くすまけることができます。

 

また、カードローンの場合には、分割での支払いが可能なために、高額な金額のを借りることができますが、分割での支払いのために利息が高くなってしまうこともあります。

 

カードローンを利用したりキャッシングを利用するには、それらの特徴を知り、どちらがあっているのかを判断して利用することがたいせつです。

キャッシング、カードローンの返済について

今回はカードローン、キャッシングの返済方法について書きたいと思います。借り入れが終わり、お金を使ったとは、約束返さねばなりませんから、これが一番重要ともいえます。

 

まず、多くの金融機関で、返済は1ヶ月に一度、5日、15日、25日、月末の(いわゆる510日)の中から一日設定します。

 

これは、自身の給与支給日などを参考に、任意で設定するとよいでしょう。月に一度の返済日までに、カードを用いて返済口座へ直接入金します。指定期日までに入金が確認されなかった場合、既定の返済金額を、返済用口座を作っていた場合ですが、そこから月一度決めた支払日当日に、自動引き落としをします。

 

また、口座を作らなかった場合は、残高スライド方式による返済を行います。

 

また、臨時での返済もOKです。

 

その場合、返済用口座への入金が確認されると、返済残高がそのぶん減少します。1日でも早く、1円でも多く、返済しておくと、利息が抑えられるので、期日までに入金するようにしたほうがいいでしょう。

 

複数の金融機関で借入れ、返済日が多くあり、返済のために別機関で借り入れるといことをしているかたもいらっしゃるかもしれませんが、この場合、おまとめや一本化などで返済日を減らし、金利も1か所にまとめたほうが返済には大変便利になります。

手元に入ったお金はとにかく返済・そして専門家の知恵を

カードローンを利用して時の経験からお話します。

 

数年前に、カードローンを利用してのですが、やはり気になるのが「金利」という事でした。

 

そんなにお高くつく金利ではなかったのですが、専業主婦の私ですから自分の収入はないに等しい現実です。そんな現実の中、主人には内緒でのカードローンだったこともあり、毎日頭の中は借入した事で一杯でした。

 

そこで、借入額を一日も早く完済してしまいたかったので、手元に残る現金はとにかく返済に充てました。こうした経験から、お金を借りるという現実について勉強させてもらいました。

 

少しでも、返済方法として賢いやり方はないものか?

 

今後の家計の維持運営のためにも考えました。

 

低金利先の検討は勿論の事、利息軽減のため例えば複数社からの借入の時は、1本化して利息の軽減は勿論の事、今のご時世です。失職等で、収入がなくなった時等、最悪の場合が訪れたとしたときです。

 

今の時代ならば、返済についても専門家の知恵を借りる事も出来ると思います。総量規制の問題でも、今や弁護士さんが出る幕も多いと思われる法律事務所の存在を活用してください。こうしたピンチの時こそ、専門家の知恵と学識を借りて解決出来るかも知れません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ