総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム » 主な返済方法など » カードローンの主な返済方法について

カードローンの主な返済方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンやキャッシングの返済方法

カードローンやキャッシングの返済方法は、毎月決められた日にちに、定額を返済していく方法です。約定返済と言います。

 

無理のない金額で返済できるようにします。借りるときは、いくらだったら返済できるのか考えてから金額を決定します。毎月の返済額が低いと、返済期間が長くなり、その分利息を払い続けなければなりません。限度額を低くすると、毎月払う金額も低く済みます。

 

約定返済は、毎月の金額は低いので、返済の負担は少ないです。しかし、元金がなかなか減らずに、長期間返済することになります。全体的な利息分の返済は、大きく膨らんできます。お金があるときには、繰り上げて返済することもできます。無理に繰り上げ返済する必要はありませんが、利息が少なくて済みます。

 

毎月の返済金額は、まず利息を払い残りを元金の返済に充てることになります。利息は、毎月決められた日に支払います。前回の返済から、今回の返済までの期間分の利息を払うことになります。

 

もし、どうしても返済ができないときは、借入先に相談することも大切です。いつになったら返済できるのか、利息だけでも先に支払うとか、一部だけ先に支払うなど、少しでも早く返済できるように努力します。

キャッシング借入した後の返済方法

お金を貸してくれるカードローンのキャッシングは、一括返済もありますが、殆どの企業は分割で返済する方法となります。

 

それは、キャッシング借入を申し込み、契約して借入する時に、どのように返済するのかと、話しします。

 

返済方法は、色々あって、銀行口座からの自動的な引き落とし返済や、提携ATMの機械を利用して現金支払いで返済、借入店の窓口へ訪問して直接スタッフに手渡す方法、借入店の銀行口座へ振り込む返済など、色々あるのです。

 

これは、契約時に取り決めた、返済金額を毎月返済する事になりますが、毎月取り決め金額を返済する以上の金額であれば、何も問題はありません。キャッシング借入した後に一括返済も可能だからです。

 

しかし、取り決めた返済金額以下の金額しか返済しないのは、返済が足りないとなり、カードローンから連絡が入ることでしょう。

 

キャッシング借入した後の返済方法は、例えば、1万円と決められたのなら、約束した返済規定日にちょうど1万円か、1万円以上の返済ならば良いのです。しかし1万円以下は駄目なのです。約束規定日に5千円で、約束規定日の後に残りの5千円と分けて返済するのも本来は駄目なのです。

 

きちんと約束規定日に約束した金額を返済しないといけないという形になっています。このような返済方法は、借入する前に取り決めた約款などに記載していると思いますから、規定通りに、約束どおりに行う事が正しいでしょう。

カードローンとキャッシングの返済方法の違い。

お金を借りるということは、必ず返さないといけませんよね。これは融資を受けるときのあたりまえの条件です。今、本当に便利な借入方法にカードローンやキャッシングというものがありますが、たとえば、返済方法というものは両者では違ってきます。

 

カードローンの返済方法は、ちょっとお金に余裕のあるときに一括で返済してしまうこともできるのですが、多くの場合、基本的にはリボ払いというのが一般的になるようですね。すなわち、借入の金額や利用限度額などで設定された金額を、長期間にわけて返済する方法です。

 

この返済方法だと、確かに金利というものはキャッシングに比べて低いと言えますが、返済がけっこうな長期間に及ぶので、利息の方が大きくなることも考えられますね。

 

そして、キャッシングの返済方法なのですが、?これは基本的に一括返済の方法となります。場合によっては回数に分けて支払うことも可能。前述したカードローンと比較すると、金利は高くなり、また分割にして支払うとなると多くの利息を払うことになる。

 

小口の借入でとっても便利で手軽だといわれるカードローンとキャッシングですが、両者はこのような返済方法に違いがあります。

 

実際に融資を受けるときには、自分に合った返済ができる方を選ぶことが大切ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ