総量規制対象外のカードローン審査

総量規制対象外のカードローン審査に通過する3カ条

総量規制対象外のカードローン審査に通るための対策をどこよりも詳しく解説!

ホーム » 総量規制について » すぐに分かる総量規制対象外のこと

すぐに分かる総量規制対象外のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

総量規制と総量規制の対象

そもそも総量規制とは金融業界において新しく作られた法律で、金融機関からの借り入れが年収の3分の1までしかできないという規則のことをいいます。

 

一旦お金を借りたら、債権者への返済が義務付けられています。返済が滞ると利息を支払ったり、何社もの金融機関から借り入れを行って多重債務者になる場合が出てしまいます。このような多重債務者を出さないよう、自分の身の丈にあった借り入れを行うために総量規制が生まれました。

 

ただしこの総量規制の対象金融機関はクレジット会社、消費者金融、信販会社、事業者金融会社などです。住宅を購入するときなどの住宅ローンや自動車ローン、また医療にかかった代金をローンで支払うなどはこの総量規制の対象にはならないようになっています。

 

また総量規制とは年収にあった返済が可能な借り入れを行なう事を勧めていくもので、年収の3分の1の借り入れがあればそれが減るまで借り入れは不可能になるというものです。

 

自分の年収や返済能力を考えずに複数の金融機関から借り入れを繰り返し、多重債務者となって利息すら支払いできず自己破産をする人が出ないように規制されました。また銀行からの借り入れでおまとめローンを組む場合はこの総量規制の対象から外れますね。

総量規制について説明します。

キャッシングをするに当たり、いくつかの条件があります。その中に『総量規制』というものがあります。
この総量規制、便利なようで厄介なものでもあります。考えてみると、あまりの大金を借りても返すのが大変になってしまうので規制することで、借金地獄に陥る人を防ぐ目的なのでは?と思えます。

 

でも、お金がすごく必要な人にとっては足かせにしかなりませんね。早くいえば、総量規制とはその人の年収の3分の1以上になると融資をストップしてしまうことです。これは、一つの会社での対応ではなく総合的に見てなので、こっちの金融会社で断られたからあっちの金融会社で…といったこともできません。

 

すべての借り入れの合計での話なので。

 

なので、多重債務者などはとっても困る制度でもあります。
そして、個々に年収も違うため融資額も異なります。
なので、借り入れる金額によっては収入証明書などが必要な場合があり、それによって基準が決まります。

 

例えば、年収が200万だったらざっと計算して60万以上は借り入れするのは難しいと言えます。

 

ですが、総量規制といっても借り入れできるのは年収の3分の1未満とされていますが、けして『年収の3分の1まで借してくれる』わけではありませんのでご注意ください。

総量規制とは、債務者の味方!

2010年に改正された貸金業法は2010年に改訂されました。そこで大きく変わったのは、「総量規制」が明確化したことでしょう。

 

この総量規制の適用は個人向貸付のみで、改定の背景には、フリーターや派遣という不安定な職業の人口が一気に増え、年収にもばらつき、低水準化が進む中で、年収と同じくらいの金額を貸し付けるだけ貸付け、その金利でもうけようとする悪質で違法な金融業者が横行したため、債務者を守る意味で規制が厳しくなりました。

 

では、総量規制とは、何かというと、個人の借り入れ可能金額を年収の3分の1未満に規制するというものです。

 

これには例外があり、規制を超える場合でも、返済能力があり(ボーナスが入る、一時的な借り入れなど)と認められた場合は借り入れることができます。

 

除外されるのが、住宅ローンや、車のローンなど、比較的高額な商品をローンを組んで購入している場合は、長期洲男案、返済計画をしっかりたてていると考えられるので、除外です。

 

また、銀行は、貸金業法の定める金融機関ではないので、これには当てはまりませんが、同様に借り入れは、難しいと考えるべきでしょう。

 

複数の金融機関で分散して借りようという方もいらっしゃると思いますが、本人の信用調査を行えばすぐにわかりますし、ローン一本化や、おまとめローンなど、負担を軽くする工夫がありますので、賢く使って、お金と上手に付き合いましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ